1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. ビジネス用語一覧

ビジネス用語一覧

最終更新日: 2023年1月20日 (公開日: 2023年1月20日)

カタカナ用語

バッファ

「バッファ」とは、「ゆとり」「余裕」「余力」などの意味合いで用いられる言葉です。

「緩和物」などの意味を持つ英語の "buffer" が語源となっています。

パラダイム

「パラダイム」とは、「価値観」「概念」などの意味合いで使われます。

「模範」「典型」などの意味を持つ英語の "paradigm" が語源です。

モアベター

モアベター」は、「より良い」「さらに良い」という意味で用いられる言葉です。

アジェンダ

「アジェンダ」とは、「議題」「予定・計画表」「考えるべき課題」などの意味合いで用いられう言葉です。

「実行に移すべき課題」という意味を持つラテン語の "agenda" がその語源です。

エスカレーション

エスカレーション」とは、自分よりも上の者に指示・対応・判断を仰ぐことを意味する言葉です。

「増大」「拡大」などの意味がある英語の "escalation" が語源です。

イニシアチブ

「イニシアチブ」とは、「主導権」「構想」「先導」「率先」などの意味で用いられるビジネス用語です。

語源は「自発性」「戦略」「主導」などの意味がある英語の "initiative" です。

アグリー

「アグリー」は、「同意する」「賛同する」という意味のビジネス用語です。

英語の "agree" がその語源となっています。

スコープ

「スコープ」とは、「作業範囲」「対象範囲」という意味合いのビジネス用語です。

「範囲」という意味の英語 "scope" が語源です。

ブラッシュアップ

「ブラッシュアップ」とは、資料・アイディア・能力など現在あるものをより良くして向上することを意味します。

英語の「~を磨く」という意味の "brush up" がその語源です。

ローンチ

「ローンチ」とは、「新商品・新サービスなどを販売・展開する」という意味のビジネス用語です。

「~を開始/販売する」という意味の英語 "launch" が元になっています。

コミット

「コミット」は、「責任を持って取り組む」「保証・約束する」などの意味合いで用いられるビジネス用語です。

「献身」「委託」「委任」「約束」などの意味を持つ英語の "commitment" が語源です。

マター

「マター」は、「責任」「担当」「管轄」という意味で用いられる言葉です。

「問題」「内容」「物事」等の意味を持つ"matter" が語源となっています。

メンター

「メンター」は、新入社員または若手社員に対してサポート・助言などを行なう人のことを意味する言葉です。

「指導者」「助言者」という意味を持つ "mentor" が語源です。

リテラシー

「リテラシー」とは、「知識・能力を正しく活用する力」という意味のビジネス用語です。

英語の "literacy" が語源となっていて、この単語の意味は「読み書き能力」です。

キャパシティ

「キャパシティ」とは、「許容量」「自身が請け負うことのできる物事の量」「能力の限度」などを意味する言葉です。

英語の "capacity" がその語源です。

スクリーニング

「スクリーニング」とは、多くのものの中から条件に合うものを選ぶという意味のビジネス用語です。

「選抜する」という意味を持つ英語の "screening" が語源となっています。

アイミツ

「アイミツ」とは、「合い見積もり」を省略した言葉です。

ノルマ

「ノルマ」とは、一定期間で達成しなければいけない個々人に割り当てられた仕事の量のことです。

実はロシア語が語源となっています。

スキーム

「スキーム」は、「目標とするものを実現するための仕組み・計画」という意味のビジネス用語です。

「計画」「案」などの意味を持つ英語の "scheme" が語源です。

ナレッジ

「ナレッジ」とは、「価値のある有益な情報」という意味合いで用いられる言葉です。

語源は「知識」などの意味を持つ "knowledge" です。

アサイン

「アサイン」とは、「割り当てる」「任命する」という意味のビジネス用語です。

「任命する」「配属する」などの意味を持つ英語の "assign" がその語源です。

クライアント

「クライアント」は、「顧客」「依頼人」という意味で用いられるビジネス用語です。

英語の "client" がその語源です。

アウトソーシング

「アウトソーシング」とは、業務の一部を外部に委託・発注することを意味する言葉です。

「外部委託」という意味の英語の "outsourcing" が語源です。

ノウハウ

「ノウハウ」とは、物事を行なうための知識・技術・経験などのことを意味する言葉です。

「専門知識」「専門技術」などの意味を持つ "know-how" が語源です。

フィードバック

「フィードバック」とは、業務などに対して軌道修正・評価などをするために行われる指摘・指導のことを意味します。

「帰還」「意見」「反応」などの意味の "feedback" が語源です。

イニシャルコスト

「イニシャルコスト」は、「導入費用」「初期費用」という意味のビジネス用語です。

デッドライン

「デッドライン」とは、「締め切り」「納期」という意味の言葉です。

英語の "deadline" が由来となっています。

マージン

「マージン」とは、「仲介手数料」「儲け」という意味を持つビジネス用語です。

「余白」「余裕」などの意味を持つ英語 "margin" が語源です。

ノマド

「ノマド」とは、オフィスなど特定の場所に囚われずに働く人やそのような働き方のことを意味する言葉です。

「遊牧民」を意味する "nomad" が語源です。

ノーティス

「ノーティス」とは、「通知」「通報」を意味する言葉です。

「通知」「お知らせ」という意味の "notice" が語源です。

ワークライフバランス

「ワークライフバランス」とは、仕事・私生活を両立・調和させることを意味します。

バジェット

「バジェット」とは、予算や経費を意味する言葉です。

英語の "budget" が語源となっています。

マイルストーン

「マイルストーン」とは、プロジェクトにおける中間目標のことを意味する言葉です。

ネゴシエーション

「ネゴシエーション」とは、顧客と情報を共有し話し合いなどを行なうことを意味します。

「交渉」などの意味を持つ "negotiation" が語源となっており、ビジネスの場面では「ネゴ」と省略されることもあります。

【関連URL】ネゴシエーションの意味とは?語源や使い方を解説!

サードパーティ

「サードパーティー」とは、「第三者」という意味のビジネス用語です。

【関連URL】サードパーティーの意味とは?使用例を解説!

レッドオーシャン

「レッドオーシャン」とは、競争が激化している市場の状態のことを意味します。

【関連URL】レッドオーシャンの意味とは?使用例や対義語を解説!

リスケ

「リスケ」は「リスケジュール」を省略した言葉で、「予定を再調整する」という意味で使われます。

英語の "reschedule" が語源です。

【関連URL】リスケの意味とは?語源や使用例・注意点を解説!

マスト

「マスト」とは、「必須の仕事」「絶対に外せないこと」という意味で使われるビジネス用語です。

「~しなければならない」という意味を持つ英語の "must" がその語源となっています。

【関連URL】マストの意味とは?使い方や類義語を解説!

マインドセット

「マインドセット」とは、物事の考え方や行動傾向のことを意味します。

【関連URL】マインドセットの意味とは?語源や使用例を解説!

セグメント

「セグメント」とは、一定の基準に基づいて区分け・細分化したもののことを意味します。

「区分」「断片」などの意味を持つ英語の "segment" が語源です。

【関連URL】セグメントの意味とは?類義語や使い方を解説!

コンプライアンス

「コンプライアンス」とは、法令・規範・倫理などを遵守することを意味します。

【関連URL】コンプライアンスの意味とは?語源や使用例を解説!

エクスキューズ

「エクスキューズ」は、「言い訳」「弁明」という意味のビジネス用語です。

英語の "excuse" が語源です。

【関連URL】エクスキューズの意味とは?使用例や注意点を解説!

アライアンス

「アライアンス」とは、「企業間の提携」「業務提携」などを意味するビジネス用語です。

【関連URL】アライアンスの意味とは?ビジネスでの使用例を解説!

タイト

「タイト」とは、日程・予算などに余裕がないことを意味する言葉です。

【関連URL】タイトの意味とは?ビジネスシーンの使い方を解説!

トップダウン

「トップダウン」とは「上意下達」を意味する言葉で、上層部の命令・意思を従業員側に徹底させることを意味します。

【関連URL】トップダウンの意味とは?ビジネスシーンの使い方や類語を解説!

カバレッジ

「カバレッジ」とは、「カバー率」「網羅率」を意味する言葉です。

【関連URL】カバレッジの意味とは?語源や由来を解説!

インセンティブ

「インセンティブ」は、動機づけとなる刺激や要因のことを意味します。

【関連URL】インセンティブの意味とは?使い方や類語を解説!

サマリー

「サマリー」とは、「要約」「まとめ」「概要」などの意味を持つ言葉です。

英語の "summary" が語源です。

【関連URL】サマリーの意味とは?ビジネスシーンでの使用例を解説!

PDCAサイクル

「PDCAサイクル」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返して行うことを意味します。

【関連URL】PDCAサイクルの意味とは?概要や使い方について解説!

ジャストアイディア

「ジャストアイディア」とは、「たった今思いついたこと」「閃き」という意味で用いられるビジネス用語です。

【関連URL】ジャストアイディアの意味とは?使用例と注意点を解説!

ディシジョン

「ディシジョン」は、「決定」「決断」という意味で用いられる言葉です。

英語の "decision" が語源です。

【関連URL】ディシジョンの意味とは?類義語や使用例を解説!

アテンド

「アテンド」とは、「接待」「出席」「参加」など様々な意味合いで使われるビジネス用語です。

英語の "attend" に由来しています。

【関連URL】アテンドの意味とは?

アポ

「アポ」は「アポイントメント」を省略した言葉で、クライアントとの商談の約束を取り付けることを意味する言葉です。

ヒヤリハット

「ヒヤリハット」とは、重大なことに繋がりかねない出来事のことを意味します。

事故の防止などの場面でよく用いられる言葉ですが、ビジネスの場面でも登場します。

英語の略語のビジネス用語

WFH

WFH」は、"Work From Home" の頭文字をとった言葉で「在宅勤務」を意味する言葉です。

TBD

TBD」とは "To Be Determined" の頭文字をとった言葉で、「まだ決まっていない」「今後決定される予定」という意味で用いられる言葉です。

BTW

「BTW」とは "By The Way" の頭文字をとった言葉で、「ところで」という意味で用いられる言葉です。

OTOH

OTOH」は、"On The Other Hand" の頭文字からできた言葉です。

意味は「その一方で」「~に反して」などです。

PLS

PLS」は、"please" を省略した言葉です。

「~してください」「お願いします」などの意味で使われ、"PLZ" と省略されることもあります。

ASAP

ASAP」は、"As Soon As Possible" を省略した言葉で「なるべく早く」という意味で用いられます。

FAQ

FAQ」とは "Frequently Asked Question" を省略した言葉です。「よくある質問」という意味で用いられます。

AL

AL」は "Annual Leave" を省略した言葉で、「年次有給休暇」を意味します。

COB

「COB」は、"Close Of Business" の頭文字をとった言葉です。「終業時間」という意味で用いられます。

BBL

BBL」は "Be Back Later" の頭文字をとった言葉で、「また後で戻ってくる」という意味です。

LMK

LMK」は、"Let Me Know" を省略した言葉です。「教えて」「知らせて」という意味で用いられます。

その他のビジネス用語

費用対効果

「費用対効果」とは、費やした費用に対して得られた効果のことを意味します。

精励

精励(せいれい)」とは、仕事に真面目に取り組むことを意味します。

適宜

「適宜(てきぎ)」とは、「その場面・状況に適していること」または「その場面・状況に合わせて適切に判断し行動すること」を意味する言葉です。

齟齬

「齟齬(そご)」は「食い違い」「不一致」「誤解」などを意味する言葉で、ビジネス用語の一つとして知られています。

遵守

「遵守(じゅんしゅ)」とは、法令や規則を守ることを意味する言葉です。

進捗

「進捗(しんちょく)」とは、「仕事の進み具合」を意味する言葉です。

相殺

「相殺(そうさい)」とは、「差し引きをし帳消しにする」という意味で用いられる言葉です。

漸次

「漸次(ぜんじ)」とは、「徐々に」「次第に」という意味のビジネス用語です。

月極

「月極(つきぎめ)」は、「ひと月ごとに契約をすること」を意味する言葉です。

終日

「終日(しゅうじつ)」とは、始業時間~終業時間までのことを意味する言葉です。

生産性

生産性」は、投入した経営資源に対して生み出した成果のことを意味するビジネス用語です。

たたき

「たたき」とは、「原案」「素案」「概要」という意味合いで用いられる言葉です。

なるはや

なるはや」は「なるべく早く」を省略した言葉で、ビジネスの場面でも使う頻度が高いです。

【関連URL】なるはやの意味とは?語源や使い方を解説!

人月

人月(にんげつ)」とは、一人の人間が1ヶ月でできる仕事量・作業量のことを意味します。

ノー残

ノー残」は「ノー残業デー」を省略した言葉で、残業をしてはいけない日のことを意味します。

粗利

粗利(あらり)」は「粗利益」を省略した言葉で、売上高から原価を差し引いた売上総利益のことを意味します。

報連相

報連相」は、「報告」「連絡」「相談」のそれぞれの頭文字をとった言葉です。

出納

出納(すいとう)」とは、「金銭の出入作業を行ない、それらを細かく管理すること」を意味するビジネス用語です。

約定

「約定(やくじょう)」とは、売買や取引が成立することを意味します。

返戻

返戻(へんれい)」は、預かり物・借り物を返したり戻したりすることを意味します。

早急

早急(さっきゅう)」とは、「急ぎ」という意味のビジネス用語です。

関連テーマ