1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. カバレッジの意味とは?語源や由来を解説!

カバレッジの意味とは?語源や由来を解説!

最終更新日: 2023年6月8日 (公開日: 2022年12月9日)

カバレッジの意味

「カバレッジ」とは「カバー率」「網羅率」という意味のビジネス用語です。

対象の範囲に対して、どの程度対象とする物がカバーしているかの割合などを表す言葉になります。

カバレッジの語源・由来

「カバレッジ」は「範囲」「対象」という意味を持つ「coverage」からきており、語源は「cover+〜age」となります。

「cover:覆う物」「〜age:状態、動作などを表す名刺語尾」ですので、「coverage」は覆う状態→カバー率、網羅率と理解することができます。

カバレッジの業界によっての意味

「カバレッジ」はカバー率、網羅率と考えることができますが、使用される業界によって意味が微妙に異なります。

ここでは金融、マーケティング、IT、それぞれの業界によっての「カバレッジ」の意味を説明していきます。


金融分野

金融の分野では、「適応範囲」という意味合いで使われます。

具体的には証券会社や、投資銀行が上場企業の中から選定した特定の企業の業績などの動向を調査・分析・発表していくという事になります。


A社をカバレッジする・しているというような形で使われます。


特定の企業の業績動向などを網羅していくと考えるとわかりやすいかもしれません。


マーケティング分野

マーケティングの分野では、「カバー率」という意味合いで使われることがあります。

広告媒体のカバー率、クライアントの市場シェア率などを表す際に使用されます。


広告媒体のカバー率では、特定の地域の人口などに対する、ユーザーの割合を表し、クライアントの市場シェア率は市場全体に対する、クライアントの製品のシェアの割合を表します。


対象範囲が分母、対象の物が分子とし計算すると算出ができます。


またマーケティング分野では、網羅率と考えるとわかりやすいかもしれません。


IT分野

IT分野では、作成したプログラムにおけるテストが終了した割合という意味合いで使われます。


作成したプログラムはそのまま使用されるわけではなく、実際に使用される前にさまざまな手法を用いてテストが行われます。


このテストの終了した割合を、「カバレッジ」と呼んでおります。

「カバレッジ」が高いほどそのプログラムは最終品に近いとも考えることができます。


IT分野では、テストが終了した割合から、「カバー率」というイメージで考えるとわかりやすいかと思います。

関連テーマ