1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. タイトの意味とは?ビジネスシーンの使い方を解説!

タイトの意味とは?ビジネスシーンの使い方を解説!

最終更新日: 2023年1月23日 (公開日: 2022年12月9日)

タイトの意味

ビジネスシーンでの「タイト」とは物事が非常に逼迫している状態を指し「日程が詰まっている」「物事に余裕が無い」という意味で使われるビジネス用語です。

また、「タイト」とは単語のそのままの意味では「きついこと」「かたくしっかりしていること」「ピッタリと密着していること」という意味になり、若干ニュアンスが変わります。

タイトの使い方

ここでは「タイト」の使い方について紹介します。

ビジネスシーンでの使い方

使用例1

「この案件の納入スケジュールは非常にタイトだな。」

物品の納入スケジュールが非常にタイトと表現しており、日程が厳しいという意味で使用されております。

使用例2

「今週の予定は打ち合わせがびっしり入ってて業務的に非常にタイトだ。」

打ち合わせの予定がびっしりと入っており状況が逼迫していると表現しております。

使用例1と異なり、日程が厳しいのではなく、予定がびっしりと入っている今の状況が厳しいという意味で使用されております。

使用例3

「この開発品は予算が非常にタイトなんだよなぁ、、。」

開発予算が逼迫している状況を表現しております。

この様に、日程・スケジュールの逼迫のみではなく予算などが厳しいという状況でも使用されます。

「タイト」が使われると日程・スケジュールが厳しいというイメージが先行されますが、どちらかというと「物事に余裕がない、逼迫している」という意味で使用されます。

ハードスケジュールとの違い

似た様な言葉で「ハードスケジュール」があります。

しかし、「ハードスケジュール」は、日程的に厳しい状況というよりかは、肉体的に厳しいスケジュールなどを表す言葉で、「タイト」とは意味合いが異なってきます。

しっかりと分けて理解することが必要です。

関連テーマ