1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. コンプライアンスの意味とは?語源や使用例を解説!

コンプライアンスの意味とは?語源や使用例を解説!

最終更新日: 2023年1月23日 (公開日: 2022年12月19日)

コンプライアンスの意味

「コンプライアンス」とは「法令、規格、要求などの順守」「規則などへの準拠」という意味を持つビジネス用語です。

ビジネスシーンや、テレビ番組の中で使用されることがありその場合では、「法令遵守」という意味で使用されることが一般的です。

「コンプライアンス違反」の意味

ビジネスシーンでは「コンプライアンス」単体ではなく「違反」が後ろについて使用されることが多いです。

テレビ番組の中、特にお笑い番組などにおいてはコンプライアンス違反という言葉を聞くことがあります。

上述の通り「コンプライアンス」が「法令遵守」という意味でした。

そこに違反がつくと、法令遵守違反、つまり法令を違反しているという意味になります。

「コンプライアンス違反」と相手から伝えられた場合については自身もしくは会社が何らかの法令違反をしているということになるので、すぐに是正するなどの対応が必要です。

コンプライアンスの語源・由来

ここでは「コンプライアンス」の語源や由来について説明します。


「コンプライアンス」は英語の「compliance」から来ています。

「compliance」は動詞「comply」の名詞形となり、どちらも準拠、順守といった意味合いになります。

コンプライアンスの使い方

ここでは「コンプライアンス」の使用例を説明します。

使用例1

「取引先のその対応はコンプライアンス違反です。すぐに是正を求めないと。」

この例はもっとも一般的な使い方になります。

法令違反をしている相手に対してそれを指摘する際に使用しております。

またコンプライアンス違反の様に、コンプライアンス+別の言葉という使われ方で使用される言葉もあります。

その中の1つにコンプライアンス教育があります。

コンプライアンス教育 とはコンプライアンスに教育を付け加えた言葉で、法令順守における教育という意味になります。

誰かに対しての発言などではなく、企業の研修項目に組み込まれている場合がほとんどです。

使用例2  

「常にコンプライアンスを意識した行動を徹底すること!」


この例は相手への注意という側面での使用ではなくコンプライアンスを意識する様にと、守るべきもの、意識する物として使用しております。

「コンプライアンス違反」という言葉を耳にすることが多いですが、「コンプライアンス」のみで使用された際にそのまま法令違反と認識しない様に、しっかりと区別して認識することが必要です。

関連テーマ