1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. レッドオーシャンの意味とは?使用例や対義語を解説!

レッドオーシャンの意味とは?使用例や対義語を解説!

最終更新日: 2023年1月23日 (公開日: 2023年1月4日)

レッドオーシャンの意味

「レッドオーシャン」とは主にビジネスシーンにおいて「顧客のニーズが多く、競争が激しい市場」という意味合いで使用されるビジネス用語です。

直訳すると、「赤い海」という意味になりますが、実際に使われる際には、直訳された意味では使用されることはありません。

レッドオーシャンの語源

ここでは「レッドオーシャン」の語源や、由来を紹介します。

「レッドオーシャン」は血で染まった赤い海というイメージから、血で血を洗うような状況や、血を見る様な激しい競争という状況を表す意味となっています。

レッドオーシャンの使い方

ここではビジネスシーンにおいての「レッドオーシャン」の使い方について紹介します。

使用例1

「これからこの業界は、徐々にレッドオーシャンになります。事業の整理などを行い、それに耐えうるだけの準備が必要です。」


使用例2

「今弊社が事業を進めている業界は、強みを活かせる市場なので、例えレッドオーシャンでも事業を継続させるべきです。」


使用例3

「他社の事業戦略は、レッドオーシャンをさける戦略のようです。弊社はどう事業戦略を立てましょう。」


「レッドオーシャン」はその意味の通り、「競争が激しい市場」を指す時に使われます。

ビジネスシーン以外でもその様に競争の激しい状態を指す時に使うこともできます。

また「レッドオーシャン」は、競争市場という言葉でも言い換えることができます。

レッドオーシャンの対義語

ここでは「レッドオーシャン」の対義語について紹介します。

ブルーオーシャン

「ブルーオーシャン」は直訳すると「青い海」という意味になります。

「レッドオーシャン」と同じくビジネスシーンで使われる言葉ですが、そのままの意味で使われる言葉ではありません。

「レッドオーシャン」が血で血を洗うような激しい競争市場に対して、「ブルーオーシャン」は、穏やかで静かな青い海というイメージから、「穏やかな、競争の少ない市場」を意味します。

競争が少ないという意味合いから未開拓の市場や、新しい市場を指す際に使用されます。