1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. PDCAサイクルの意味とは?概要や使い方について解説!

PDCAサイクルの意味とは?概要や使い方について解説!

最終更新日: 2022年11月24日 (公開日: 2022年11月24日)

PDCAサイクルの意味

PDCAサイクルはビジネスの現場でよく使われる言葉で、PDCAサイクルを実践することで、課題解決に役に立ったり、仕事を効率的に進めることができると言われてます。

PDCAサイクルの概要

PDCAサイクルは4つのプロセス、「Plan:計画」「Do:実行」「Check:評価」「ActやAction:改善」となっています。

ここではそれぞれのプロセスがどのような内容なのか説明します。

P(計画)

まずはPlanですがこのプロセスでは、目標の設定を行い、それを達成するための過程を検討します。

ここで過程は行動内容などを具体的に設定することが必要です。その内容があまりにも抽象的すぎるとその後のプロセスがうまく回らない可能性があるので注意が必要です。

D(実行)

Doは、Planで設定した、目標を達成するための行動を実行します。ただ実行するだけではなく行動した後の結果についても記録しておくようにしましょう。

C(評価)

CheckはDoで実行した結果がどうだったのか?上手くいったのか?上手くいかなかったのか?

課題解決をゴールにPlanで設定した場合は、Doで実行した結果で解決、改善が見られたのかを分析・検証を行います。

A(改善)

ActはActionとも呼ばれ、内容としてはP→D→Cで行った結果がどうだったのか?実施結果を踏まえ改善案を検討・実行をします。

Checkまで行うと満足してしまうことが多いので、Actまで行うことが重要です。
そしてActが完了したらまたPに戻り、サイクルを回すことになります。


PDCAサイクルは、1回サイクルを回しただけだと効果が得られないことが多いとされております。

課題を解決するためであったり、効率的に業務を行うためにはPDCAサイクルを常に回していく必要があります。

またPDCAサイクルを回す上では、単純にサイクルを回すことが目的とならないように注意が必要です。

惰性で回さず、現場がどのプロセスにあるのかをしっかりと認識し、サイクルを回す様にしましょう。


PDCAの使い方

ここでは主にPDCAがどのようなに使用されるか例文を紹介します。

PDCAの使い方1

「新人研修ではPDCAサイクルの回し方ををみっちりと教え込まれました。」

PDCAの使い方2

「業務効率をあげるためには、PDCAサイクルを高速で何周も回すことが必要です。」

いづれの意味もPDCAサイクルとして使用されます。

PDCA単体ではあまり使われないので注意が必要です。

関連記事