1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. サマリーの意味とは?ビジネスシーンでの使用例を解説!

サマリーの意味とは?ビジネスシーンでの使用例を解説!

最終更新日: 2022年11月24日 (公開日: 2022年11月24日)

サマリーの意味

ここでは「サマリー」の意味について解説します。

「サマリー」は「要点」、「要約」、「概要」などを表す言葉ですが、業界や使われるシーンによって意味が微妙に異なります。

勘違いしたまま「サマリー」を使用すると、会話がずれてしまうので注意が必要です。

ビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでは主に「要約」や「合計」という意味で使用されます。

資料や、会議、打ち合わせの「サマリー」という文脈で使用されたら要約、数字や金額と一緒に出てきたら合計といったように使われ方で意味を判断しましょう。


また、ビジネスシーンでは「レジュメ」や「アジェンダ」という「サマリー」と同じく要約という意味を表す言葉も使用されますが、それぞれ使われ方が異なるので注意が必要です。

IT業界での意味

IT業界でも要約という意味で使われることがあります。

ウェブ上の検索サイトでキーワードを検索した際にタイトルと一緒に出てくるそのページの一部の内容が「サマリー」と呼ばれています。

ビジネスシーンでも、IT業界でも大枠の意味で見ると要約という意味になります。

意味を判断する際には、話の文脈からどの様な意味で使われているのかを考え判断する必要があります。

サマリーの語源・由来

ここでは「サマリー」の語源は由来について紹介します。

「サマリー」は英単語「summary」から来ている言葉です。

英単語の「summary」は「概要」、「要約」という意味になるので、意味としての違いはありません。

サマリーの使い方

「サマリー」は業界によって使われ方が少し異なりますが、ここではビジネスシーンにおける「サマリー」の使い方を紹介します。

ビジネスシーンでの使い方

サマリーの使い方1

「今日の打ち合わせのサマリーを後で報告してください。」

このサマリーは概要という意味で使われております。

このように上司から言われた場合には、説明が長くならないように簡潔に内容を説明する事が必要です。

サマリーの使い方2

「受注金額のサマリーをまとめて報告してください。」

このサマリーは合計という意味で使われてます。

この文脈では概要の意味では間違いです。

ビジネスの現場で勘違いで物事が進むと後々大変な事になったり、相手や上司の信頼を損ねる事態につながる場合があります。

もし文脈で判断が出来ない様であれば必ず相手に意味を確認するようにしましょう。

関連記事