1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. ジャストアイディアの意味とは?使用例と注意点を解説!

ジャストアイディアの意味とは?使用例と注意点を解説!

最終更新日: 2022年11月24日 (公開日: 2022年11月24日)

ジャストアイディアの意味

「ジャストアイディア」は、「閃き」「思いつき」という意味になります。

ビジネスシーンにおいては社内での会議や顧客との打ち合わせの時にふとアイディアがでてきた際に使用されます。

ただし、思いつきという意味合いから使い方を誤ると、相手によい印象を持たれないため使用する際には注意が必要です。

ジャストアイディアの語源・由来

「ジャストアイディア」の語源について紹介します。

「ジャストアイディア」は英単語の「just an idea」から来ている和製英語です。

なので、「ジャストアイディア」をそのまま「just idea」とするのは誤りなので、

英語で表記する際にはanを忘れずに入れるようにしましょう。

ジャストアイディアの使用例・注意点

「ジャストアイディア」の使用例や、使用する上での注意点を紹介します。

ジャストアイディアの使用例

使用例1 :ビジネスシーン

「ジャストアイディアで恐縮なのですが、御社のご要望のAのサービスに、Bというオプションをつけてはいかがでしょうか?」

この例では、Aという元々あるサービスに、オプションをつけるということを「思いついて」提案をしていますね。

このように何かを思いつき、それを伝える時には言葉の先頭で使用する場合もあります。

使用例2 : 日常会話

A:「これから、泊まりで温泉に行こうよ!」

B:「今から?そんなジャストアイディアで言われても困るよ。」

この例ではAさんが"思いつき"で、温泉旅行に行こうとBさんに提案しています。

この提案自体が「ジャストアイディア」になります。

このようにビジネスシーン以外でも相手の思いつきに対して使用する場合もあります。


ジャストアイディアを使用する上での注意点

「思いつき」という意味で使用される「ジャストアイディア」ですが使用する上では注意が必要です。

注意点1 :上司や、目上の人への使用

「ジャストアイディア」という言葉は便利ですが、見方を変えると思いつきで話すという、その場しのぎをしていると捉えられる可能性もあります。

そのため、上司や目上の方が出したアイディアに対して「ジャストアイディア」を使うと失礼にと捉えられる可能性があります。

注意点2 :連続して使用する

自分では色々と考えているつもりでも、「ジャストアイディア」は思いつきという意味ですので、重ねて使用すると聞いている人からすると思いつきで話をする無責任な人と捕えられかねません。

連続して使用するには、注意が必要です。

関連記事