1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. マストの意味とは?使い方や類義語を解説!

マストの意味とは?使い方や類義語を解説!

最終更新日: 2023年1月23日 (公開日: 2023年1月4日)

マストの意味

「マスト」は「〜しなければならない」という意味を持つ言葉で、ビジネス用語としても同様の意味でよく使われます。

ビジネスシーンにおいて使用される際には、絶対にしなければならないというニュアンスになりますので「マスト」が会話や、やり取りの中で仮に物事を依頼される文脈で使用された場合にはその物事を確実に実行・対応することが必要になります。

マストの語源・由来

ここでは「マスト」の語源や、由来を紹介します。

「マスト」は英単語「must」から来ている言葉になります。

英単語「must」は「〜しなければならない」の他に、「〜に違いない」という意味もあります。

上述の通り、ビジネスシーンで使用されるのは前者の意味です。

マストの使い方

ここではビジネスシーンにおける「マスト」の使い方について紹介します。

使用例1

「この仕様追加は、クライアントの要望だからマストでお願いします。」

使用例2

「議事録を早めに出す事は社会人としてマストな行動です。」



この様に使用されると、仕様追加や、議事録を早めに提出することは確実にやらなくてはいけないこと、というニュアンスになります。

できれば実行するという様な曖昧なニュアンスではありませんので注意が必要です。

マストの類義語

ここでは「マスト」の類義語について紹介します。

「マスト」の類義語は2つあります。

各々、何かを依頼する際に使用されるのがメインの言葉です。

ベター

「ベター」は英語のbetterから来ており、「〜した方が良い」という意味になります。

使用例としては、「〜するのがベター」です。

直接対応を促しているわけではないので何かを依頼する際には最も弱い言い方になります。

絶対にしてほしい状況に対して「ベター」を使うと認識の違いから相手がその行動をしないこともありますので使用する際は、注意が必要です。

ウォント

「ウォント」は英語のwantから来ており、「〜をすることを望む」という意味になります。

使用例としては、「〜することはウォントです」になります。

できれば〜してほしいというニュアンスになるため、「ベター」より若干強い言い方になります。