1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. ノー残の意味とは?メリット・デメリット、具体的な使用例を解説!

ノー残の意味とは?メリット・デメリット、具体的な使用例を解説!

最終更新日: 2023年1月16日 (公開日: 2023年1月10日)

ノー残の意味

「ノー残」とは、「ノー残業デー」や「ノー残業」を略した言葉です。ノー残業デーは、企業において残業をしない日をその企業が決める取り組みです。

「ノー残」はそれぞれの企業によって設定されるため、週1~2日設定している企業もあれば月1で設定している企業もある様です。

ノー残のメリット・デメリット

「ノー残」を設定する上でのメリット・デメリットを紹介します。

メリット1:プライベートの充実が図れる

業務に忙殺され、勤務時間が長くなるとどうしてもプライベートの時間が短くなります。

「ノー残」の取り組みを実行する事で、プライベートの時間が増え、自身の成長のために勉強などに取り組む時間が増えたり、趣味に没頭する時間、家族との時間が増えプライベートを充実させる事ができます。

メリット2:業務の効率化が図れる

「ノー残」が設定されている日は他の日と比較して業務時間が全体的に短くなります。

そのため、通常の日の感覚・時間配分で業務を進めると時間内に業務が終わらないということになります。

「ノー残」として設定する事で時間内に業務を終わらせるために各担当者のマインドを効率化に変えることができます。

但し業務量が多い場合には効率化を考えてもハードに業務をこなさなくてはならないためメンタル的な負担が増える可能性もあります。

デメリット1:形骸化しやすい

「ノー残」となる日を設定しても実行しないと意味はありません。

特に残業することが習慣となっている場合には意識を変えて、取り組まないと形骸化してしまいます。

デメリット2:クライアント対応が遅れることもある

「ノー残」は業務時間が限られているので効率化を進めても、その日の内に終わらなかった業務は他の日に回すことになります。

「ノー残」は、各企業が設定する日になるので自分たちの会社が「ノー残」であってもクライアントが「ノー残」とは限りません。

そのため、緊急を要する連絡がクライアントからあった際には対応が遅れてしまうなどのデメリットがあります。

ノー残の語源・由来

ここでは「ノー残」の語源・由来を紹介します。

「ノー残」は、「ノー残業デー」を略した言葉です。

「No+残業+Day」という事から残業をしない日という意味で考えることができます。

ノー残の使い方

ここでは「ノー残」の使い方について紹介します。

使用例1

「今日はノー残だから早めに業務をきりあげること!」

使用例2

「ノー残なのにこの時間にクライアントから問い合わせが来た、、。」

「ノー残」の意味の通り使用する際には、残業をしない日を指す際に使用することが多いです。