1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. 若者言葉一覧87選。令和平成の最新の新語が盛り沢山!

若者言葉一覧87選。令和平成の最新の新語が盛り沢山!

最終更新日: 2022年9月29日 (公開日: 2022年9月28日)

若者言葉一覧87選

めっちゃ

めっちゃとは、「とても」という意味の言葉です。

ウケる

ウケるとは、面白いことを意味する言葉です。

はにゃ?

はにゃ?とは、「あれ?」という意味の言葉です。

草とは、笑いを意味する言葉です。(草の続き→

ま とは、「マジ」を省略した言葉です。

タピる

タピるとは、タピオカ入りのドリンクを飲むという意味の言葉です。

り とは「了解」を省略した言葉です。

ぴえん

ぴえんとは、泣いている様子を可愛く伝えるための言葉です。(ぴえんの続き→

あーね

あーねとは、「ああそうだね」を省略した言葉です。

親ガチャ

親ガチャとは、親を自分で選ぶことができないことを意味する言葉です。(親ガチャの続き→

おしゃピク

おしゃピクとは、「おしゃれなピクニック」を省略した言葉です。

飛ぶぞ

飛ぶぞとは、精神に異常をきたしそうなほど最高という意味の言葉です。(飛ぶぞの続き→

やりらふぃー

やりらふぃーとは、テンションの高い人を意味する言葉です。

きまZ

きまZとは、気まずいことを意味する言葉です。

エモい

エモいとは、感情を揺さぶられた時に言う言葉です。(エモいの続き→

尊い

尊いとは、価値がある・貴重だという意味の言葉です。(尊いの続き→

ワンチャン

ワンチャンとは、「ひょっとしたら」という意味の言葉です。(ワンチャンの続き→

ディスる

ディスるとは、相手のことを侮辱するという意味の言葉です。

きゅんです

きゅんですとは、推しや恋人にときめいた時に使う言葉です。

大丈夫そ?

大丈夫そ?とは、「大丈夫?」という意味の言葉です。(大丈夫そ?の続き→

推し

推しとは、他の人に勧めたくなるような人やモノのことを意味する言葉です。(推しの続き→

ありよりのあり

ありよりのありとは、ありかなしかで言ったらありという意味の言葉です。

好きピ

好きピとは、好きな人という意味の言葉です。(好きピの続き→

リアコ

リアコとは、本気で恋をしていることを意味する言葉です。(リアコの続き→

それな

それなとは、「まさにそう私もそう思う」と同意を意味する言葉です。

メンヘラ

メンヘラとは、精神的に不安定な人を意味する言葉です。(メンヘラの続き→

映える

映えるとは、写真写りなどが素晴らしく良く見えることを意味する言葉です。

あせあせ

あせあせとは、慌てている様子を表す言葉です。

すこ

すことは、好きという意味の言葉です。(すこの続き→

~しか勝たん

~しか勝たんとは、それに勝るものがないほど素晴らしいことを意味する言葉です。

ヘラる

ヘラるとは、精神的に落ち込むことを意味する言葉です。

とりま

とりまとは、「とりあえずまあ」を省略した言葉です。

マジ卍

マジ卍とは、「すごい」「やばい」などと同じ意味をもつ言葉です。

チルい

チルいとは、リラックスできることを意味する言葉です。

エゴサ

エゴサとは、自分や自分が関わっていることについてSNSで評判をチェックすることを意味する言葉です。(エゴサの続き→

えぐい

えぐいとは、予想していたことよりも程度が甚だしいことを意味する言葉です。(えぐいの続き→

パリピ

パリピとは、複数人で集まって楽しく過ごす人のことを意味する言葉です。(パリピの続き→

どちゃくそ

どちゃくそとは、程度が甚だしいことを表すための副詞の一種です。(どちゃくその続き→

沸く

沸くとは、「盛り上がっている」「興奮している」という意味の言葉です。

秒とは、すぐにという意味の言葉です。

じわる

じわるとは、じわじわとくるという意味で面白いことなどに対して使われます。

パワーワード

パワーワードとは、強烈にインパクトのある言葉を意味します。

リアタイ

リアタイとは、見たかったテレビ番組やアニメなどを放送時間に見ることを意味する言葉です。

メンブレ

メンブレとは、メンタルブレイクの略で精神が崩壊してしまいそうなほど辛いことを意味します。

ちな

ちなとは、「ちなみに」を省略した言葉です。

クセがスゴい

クセがスゴいとは、相手の何かが非常に独特で目立っていることに対して入れるツッコミの一言です。

詰む

詰むとは、行き詰まって手の施しようがない状態に陥ってしまったことを意味する言葉です。

生きる

生きるとは、何か辛い出来事があったことを示す言葉で、「頑張る」の意味合いに近いです。

きゃぱい

きゃぱいとは、キャパシティーがオーバーしていることを意味する言葉です。

ずっしょ

ずっしょとは、「ずっと一緒」を省略した言葉です。

ホカンス

ホカンスとは、ホテルに泊まってバカンス気分を味わうことを意味する言葉です。(ホカンスの続き→

イケボ

イケボとは、イケてるボイスの略で格好いい声のことを意味します。

ひよる

ひよるとは、「怖気づく」「ひるむ」という意味の言葉です。(ひよるの続き→

ニコイチ

ニコイチとは、いつも二人で一緒にいる関係性のことを言います。(ニコイチの続き→

フラゲ

フラゲとは、「フライングゲット」を省略した言葉で予定よりも早く何かを手に入れることを意味します。(フラゲの続き→

リムる

リムるとは、SNSでフォローを外すことを意味する言葉です。(リムるの続き→

tos

tosとは、Twitter上でツイートする際に文章の最初に「@tos」をつけることを意味します。(tosの続き→

領域展開

領域展開とは、漫画「呪術廻戦」に登場するセリフです。(領域展開の続き→

お疲れサマンサ

お疲れサマンサとは、「お疲れ様」をくだけて言った表現です。(お疲れサマンサの続き→

あざとい

あざといとは、小賢しいことを意味する言葉です。(あざといの続き→

古参

古参とは、アイドルなどの古くからのファンであることを意味する言葉です。(古参の続き→

バイブス

バイブスとは、テンションやノリを意味する言葉です。(バイブスの続き→

TL

TLは「タイムライン」と読み、SNSで自身やフォローしている人の投稿が表示される画面のことを指します。(TLの続き→

ゲラ

ゲラとは、よく笑う人のことを指す言葉です。(ゲラの続き→

陰キャ

陰キャとは、陰気なキャラクターを省略した言葉です。(陰キャの続き→

語彙力

語彙力とは、何か素晴らしいものを見たり聞いたりした際に、自身の気持ちを上手く言い表せるほどの語彙を持ち合わせていないという意味合いで使われる言葉です。(語彙力の続き→

港区女子

港区女子とは、主に東京都港区を中心として豪華な暮らしを送る女性のことを指します。(港区女子の続き→

GRWM

GRWMとは、「ゲットレディウィズミー」と読み、「一緒に出掛ける準備をしよう」という意味の言葉です。(GRWMの続き→

ファンサ

ファンサとは、アイドルなどがファンに対して行うファンサービスのことを意味します。(ファンサの続き→

パトロン

パトロンとは、若い人を経済的に支援する人のことを意味します。(パトロンの続き→

マウント

マウントとは、相手よりも優位に立とうとする言動のことを意味します。(マウントの続き→

ファボ

ファボとは、SNSにおいて相手の投稿に対していいねボタンを押すことを意味します。(ファボの続き→

裏垢

裏垢とは、メインで使用するもの以外にも用途に応じて持つSNSのアカウントのことを意味します。(裏垢の続き→

サブスク

サブスクとは、登録すれば一定の金額で受けられる企業のサービスのことを意味します。(サブスクの続き→

ガチ

ガチとは、「本当に」という意味の言葉です。量産型量産型とは、同じような服装や髪型をしている人のことを指す言葉です。(ガチの続き→

豆腐メンタル

豆腐メンタルとは、精神面が豆腐のように弱いことを意味する言葉です。(豆腐メンタルの続き→

同担

同担とは、好きなアイドルや芸能人が同じ人のことを意味する言葉です。(同担の続き→

地雷系

地雷系とは、あまり関わらない方が良いとされる女性のことを意味する言葉です。(地雷系の続き→

全通

全通とは、複数回公演されるライブやイベント全てに参加することを意味します。(全通の続き→

神対応

神対応とは、相手の対応が驚くほど丁寧で完璧であることを意味する言葉です。(神対応の続き→

枯れる

枯れるとは、自身の好きなアイドルのグッズなどが売り切れてなくなることを意味します。(枯れるの続き→

ヘビロテ

ヘビロテとは、短期間のうちに何度も繰り返して行うことを意味します。(ヘビロテの続き→

わかりみが深い

わかりみが深いとは、「すごく分かる」と同意を表す言葉です。(わかりみが深いの続き→

陽キャ

陽キャとは、陽気で明るい性格をした人のことを意味する言葉です。(陽キャの続き→

レべチ

レべチとは、「レベルが違う」を省略した言葉です。(レべチの続き→

沼落ち

沼落ちとは、好きになりすぎて抜け出せなくなったことを沼にハマった状態に例えた言葉です。(沼落ちの続き→

若者言葉とネットスラング

若者言葉として定着している言葉の中には、元を辿ればネットスラングであるものがたくさんあります。

スマートフォンの普及に伴って元々ネット上で使われていた言葉が若者の目に触れる機会が多くなり、その中でも日常的に使いやすいものがどんどん広まっていったと考えられます。

特にネットスラングは言葉の短いものも多いので、会話や文章内で使いやすいというのが若者にウケたのかもしれません。

ネットスラングを知りたい人はこちらから。

関連テーマ