1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. tos(@tos、トスツイ)の意味とは?

tos(@tos、トスツイ)の意味とは?

最終更新日: 2022年4月4日 (公開日: 2022年4月3日)

tos(@tos、トスツイ)の意味

tosとは、Twitterでフォロワーのタイムラインにそのツイートを表示させないようにするツイート方法を意味する言葉で、読み方は「とす」です。

「tosツイ」「トスツイ」「トスツイート」と呼ばれることもあります。

tosはどんな時に使う?

tosの使い方は人それぞれですが、誰に聞いてほしいわけでもないちょっとした愚痴や気持ちなどを吐き出したい時、Twitter上で物々交換をしたい時などに使われることがほとんどです。

とは言えtosでツイートした内容は完全に非表示になるわけではなく、プロフィール画面から「ツイートと返信」を確認するとtosでツイートしたものも表示されるので、フォロワーも見ることができます。

そのため、「ツイートと返信」まで確認してくれるようなフォロワーに向けた情報をtosを使って発信するという方も一定数存在します。

tosのやり方

tosは簡単に言うと、tosに向けたリプライです。

そのためtosをやる際には通常のリプライと同じように、ツイートする文章の頭に「@tos」とつけてツイートするだけです。

とても簡単なので誰でもすぐに利用することができますが、「@tos」をつけ忘れてしまったりつける場所を間違えてしまうと、うまくtosができずにフォロワーのタイムラインに表示されてしまうこともあります。

tosを利用する際には一番最初の文頭に「@tos」がついているか、「@tos」の前後に他のユーザーのIDをつけていないかを確認しましょう。

tosは見えるようになった?

tosは元々「@tos」という一つのアカウントで、Twitter社によって凍結されていました。

その凍結したアカウントへリプライするため、フォロワーのタイムラインには表示されることはありませんでしたが、2022年2月に「@tos」の凍結が解除されました。

そのため、これまでのように「@tos」をつけてツイートしても非表示になることはなく、むしろタイムラインに表示されるようになってしまいました。

tosはTwitter社に管理されている?

tosのアカウントの凍結が解除されたとは言え、Twitter社が管理しているアカウントなのであれば今まで通り使用しても問題ないのではないかという意見もTwitter上で多く見られました。

しかしこのtosのアカウントはTwitter社が管理しているものではなく、誰か個人のものであることがTwitter社の証言により分かりました。

これまでアカウント名の打ちやすさ・凍結が解除されることはないという安心感から2008年頃から長きにわたって使われていたtosですが、今後は使用を控えた方が良いかもしれません。

tosの代わりとなる方法

「@tos」でツイートした内容がタイムラインに表示されるようになったとは言え、未だに「@tos」を使ってツイートしている方は一定数存在します。

しかし最近ではtosに代わる方法として、以下のIDを使ってのtosも徐々に広まってきました。

・@0

・@home

・@help

・@null

・@1

・@sent など

これらのIDをtosと同じように使うことは十分可能ですが、利用する前には念のため本当にタイムラインに表示されないかテストした方が良いと言えます。

tosを使った例文

ここからは、tosを使った例文をいくつかご紹介していきます。

例文1.『愚痴を大々的に言えないので、tosを使ってツイートした。』

先ほどにもご紹介したように、tosは人の目に直接触れることを避けたい場合に使われることが多いです。

ちょっとした愚痴を吐き出す際にも、フォロワーのタイムラインを荒らさないための配慮として使う人もたくさんいます。

例文2.『tosに失敗してみんなにツイートを見られてしまった。』

tosを初めて利用する際に、テストせずに最初からtosでツイートすると失敗してフォロワーのタイムラインにそのツイート内容が流れてしまう場合があります。

tosの使い方は合っているか、本当にタイムラインに流れていないかを利用する前にきちんと確認するようにしましょう。