1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. メンヘラの意味とは?

メンヘラの意味とは?

最終更新日: 2022年5月8日 (公開日: 2022年5月8日)

メンヘラの意味

メンヘラとは、精神的に不安定な様子の人のことを表す言葉です。

自分に自信が持てず悪い方向に物事を考えてしまいがちなので、周囲の人を振り回してしまうこともあります。

メンヘラの語源・由来

メンヘラは、「メンタルヘルス」という精神的健康状態を意味する言葉が由来となって生まれました。

ネット掲示板「2ちゃんねる」のスレッド「メンタルヘルス板」で高頻度で書き込みをしている人を指す言葉でしたが、徐々に意味が転じて今の意味合いで使われるようになりました。

最近ではメンヘラを自称する人も存在します。

メンヘラの派生語

ここでは、メンヘラから派生して生まれた言葉をご紹介します。

ファッションメンヘラ

ファッションメンヘラとは、メンヘラであるように装っていることを意味します。

特に精神的に病を抱えているわけではありませんが、メンヘラであることはある種のステータスとして捉えている部分があるので、周囲の人に注目してもらうためにあえてどこか病んでいるように振舞います。

メンヘラ製造機

メンヘラ製造機とは、交際した女性全員をメンヘラにしてしまう男性のことです。

交際当初はメンヘラではなかったとしても、依存してしまうような言葉や振る舞いを男性がするため徐々にメンヘラ化してしまうことが多く、一緒にいても幸せを感じられないようになります。

メンヘラの特徴

ここからは、メンヘラの特徴について解説していきます。

特徴1.誰かと一緒にいることを好む

メンヘラな人は一人でいると寂しさを感じやすいので、誰か気の置けない人と一緒にいることを好む傾向にあります。

誰かと時間を共有して楽しい時間を過ごしたいと考えていることから、人との繋がりを大切にしているとも言えます。

メンヘラの傾向がある人からカフェなどに頻繁に誘われる場合は、それだけ自分に対して心を開いていると考えて良いでしょう。

特徴2.繊細

環境や人の心情など、あらゆることに対して敏感・繊細であることもメンヘラな人の特徴の一つです。

落ち着いた環境下であれば問題ありませんが、ピリピリとした空気を醸し出す人や人込みなどの雑多な場所だとその空気間に影響され精神的に不安定になってしまいます。

感受性が強く繊細なので、慣れない場所に長時間いると疲れを感じやすいです。

特徴3.謙虚

メンヘラな人は謙虚なので、驕り高ぶるような態度をとることはほとんどありません。

ただし、謙虚なあまり自分のことをやや過小評価してしまったり自虐的なことを口にしてしまうこともあります。

良いところなどを積極的に見つけて伝えてあげると良いかもしれません。

メンヘラを直す方法

ここではメンヘラを直す方法をご紹介します。

方法1.自分で自分の良いところを見つける

これまで過小評価することが多かったかもしれませんが、ありのままの自分をきちんと認め受け止めましょう。

そうするとこれまでに頑張ってきたこと、できるようになったこと、誰かに親切にした経験など、振り返ってみるとどんなに小さなことであっても良い部分がたくさん見えてきます。

自分の良いところをたくさん知ると、「自分が思っているより自分は素敵だ」ということに気が付き自信も湧いてくるでしょう。

方法2.没頭できる趣味を探す

暇な時間ができてしまうと、悪いことを考えてしまい精神的に落ち込みます。

そのため、他のことを考える暇もないほど没頭できる趣味を作りましょう。

運動、資格取得、料理、お菓子作り、手芸、絵画など、心から楽しいと思えるものに出会うまでどんどん試していくと、やがて没頭できる趣味に出会うことができます。

趣味を通してできることを増やせばそれが自分に対する自信にもなるのでおすすめです。

方法3.必要に応じて心療内科などに行く

少しの工夫で精神的に楽になれるのであれば問題ありませんが、自分一人ではどうしても解決できない場合もあります。

そんな時は無理に一人でどうにかしようとするのではなく、心療内科や精神科に足を運んでみましょう。

心療内科・精神科に行くのは少し気が引けると思っている人も多いですが、体と同じように心も不調になることは誰にでもあります。

主治医の先生やカウンセラーと相談しながら、メンヘラを徐々に改善していきましょう。