1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. かまちょの意味とは?

かまちょの意味とは?

最終更新日: 2022年5月17日 (公開日: 2022年5月17日)

かまちょの意味

若い人を中心に使用されている「かまちょ」という言葉は、「かまってちょうだい」の略です。

つまり、かまってほしがりな人を指す言葉です。

寂しい時や誰かに一緒にいてほしい時、「誰か、かまちょ」というように使用します。

自分自身のことを「かまちょ」と表すこともありますが、多くは他の誰かに対して「あの人はかまちょな人だ」と使うことが多い言葉です。

どちらかと言えばネガティブな表現として捉えられることが多く、「かまってちゃん」と同じように時には「うっとおしい」存在になってしまうこともあります。

かまちょの由来

「かまちょ」という言葉は2012年ごろから若者を中心にインターネットスラングとして流行し始めたと言われています。

タレントの舟山久美子さんが「かまちょ」という言葉をよく使用していたようです。

現在ではインターネット上だけでなく、LINEやTwitterなどのSNSを中心に使用されています。

「かまちょ」というチャットアプリが存在するほど認知度が高まっている言葉です。

かまちょの英語表記

かまちょを英語表記するならば、"Look at me" という言葉が当てはまります。

これは「私のことを見て」という意味です。「こっち見てよ〜」というように、軽い意味で使用するのがポイントです。

また、"I want to be with you." と言えば「あなたと一緒にいたい」という意味になります。

「一緒に過ごしたい」というニュアンスは「かまちょ」と同じと言えるでしょう。

かまちょな人の特徴あるある

ここでは「かまちょな人」の特徴について見ていきます。

特徴1.承認欲求が強い

「自分のことを認めてほしい、褒めてほしい」という欲求は誰でも持っているものです。

しかしかまちょな人は承認欲求が強すぎる傾向にあります。

いつでも注目されていたい、自分に意識が向いていてほしいと考えてしまうのです。そして自分がいつも1番でないと気が済まないのです。

SNSで「いいね」の数をやたら気にしたり、LINEの返信が少しでも遅いと気になったりという人はかまちょの傾向があるかもしれません。

特徴2.自分に自信が持てない

自分に自信が持てない人は、自分の意見や判断にも自信を持てません。

他人から承認されたり「すごいね」と言ってもらえることで自分の自信を補っていると考えられます。

どんなことでも他人からの評価や反応を気にしてしまう人は、かまちょになりやすいと言えます。

特徴3.SNSの使用頻度が高い

かまちょになりやすい人はSNSの使用頻度が高い傾向にあります。

承認欲求とも繋がりますが、常に誰かと繋がり自分を見てほしいためTwitterでの呟きが1日に何度もあったり、LINEに返信していないのにまたメッセージを送ったりということをしてしまいます。

また、自撮りの投稿が多かったりSNSで自分のことを語りたがったりという人も「かまちょ」になりやすい傾向があります。

かまちょな人のターゲットになりやすい人

次に、かまちょな人のターゲットになりやすい人の特徴をご紹介していきます。

特徴1.人付き合いがマメでいつも連絡がつく人

いつ連絡をしても返信してくれるマメな人は、かまちょな人のターゲットになりやすい人です。

かまちょな人は自分のことを大事にしてくれる人を探しています。

そのため人付き合いがマメな人は連絡がつきやすく、格好のターゲットとなります。

逆に面倒くさがりで人付き合いが適当な人はターゲットになりにくいと言えます。

特徴2.断るのが苦手な人

かまちょな人は自分のかまってアピールを受け止めてくれる人を好むので、断るのが苦手でいつも誘いに乗ってくれる人はターゲットになりやすいです。

最初は楽しく付き合っていても、そのうち疲れてきてストレスになってしまうこともあります。

恋愛においても優しさを好意と勘違いされることがあるので、後々面倒ごとに巻き込まれる可能性も高いです。

かまちょへの対処法

かまちょな人を見るとそのほとんどが悪気を持っていないので、突き放すのも気が引けるという人も多いはず。

そこでまずは、かまちょな人と付き合うのであれば何事も適度にすることを意識しましょう。

必要以上に関心を示したり連絡に対していつでもすぐに返信していると、「自分に興味がある」と思われてしまいます。

また、かまちょな人がかまってアピールをしたり自分の話を始めたらとにかく褒めるというのも一つの方法です。

「褒めてほしい」という欲求が満たされ、かまってアピールが落ち着くかもしれません。

それでもストレスに感じる場合は距離を置きましょう

関わりを必要最小限に留めて時には塩対応でいることで、相手も距離を感じるようになるはずです。

かまちょな人と付き合うことで自分の生活に悪影響が出ないように気をつけましょう。