1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. 虚無感の意味とは?

虚無感の意味とは?

最終更新日: 2022年6月10日 (公開日: 2022年6月10日)

虚無感の意味とは

虚無感とは、何事も虚しく感じること、全ての物事に対して意味や価値を感じることができないことを意味する言葉です。

「虚無」という言葉の意味は「何の意味もない」「空っぽ」「全くの無価値である」で、そのような感情を持っている状態のことを「虚無感」と呼びます。

大切な人や物を失った時や挫折した時、人生の指標を見失ってしまった時などをきっかけに虚無感を抱いてしまう傾向があります。

虚無感を抱いた状態が続いてしまうと仕事や学業などの日常生活に支障が出てしまうので、早めの対策が必要となります。

虚無感の類語

虚無感には「空虚感」「自己喪失感」「無気力」のように、似た意味を持つ類語が存在しています。

使用するシーンや文脈を意識して使い分けると良いでしょう。

空虚感

空虚感は、心が空っぽである様、よりどころがなく虚しい感情を指す言葉です。

虚無感は、「何事にも意味・価値がない虚しい感情」を指すのに対し、空虚感は「あるべきものを失って心にポッカリと穴があいてしまった虚しい感情」を指しています。

虚しい感情であることは両者共通でありますが、このようにニュアンスに若干の違いがあります。

自己喪失感

自己喪失感は、自分の存在を自ら否定したり、自分に価値を見出せずにいる感覚を指し、他者と比べて自分の能力が低いと自信を失ったり、自分などいない方が良いとネガティブな感情を抱いてしまう状態を表す言葉です。

他には挫折感、自己崩壊感、自己否定感なども同じニュアンスで使用できる言葉となっています。

無気力

無気力とは、何をする気力がない・意欲がないことを意味する言葉です。

何らかの強いストレスにより心が傷つき、意欲が低下してしまった、心身の疲労が溜まり周囲に関心を持てなくなってしまった状態などを意味する際に使用されます。

前の類語との大きな違いとして、ただ単にやる気が出ないだけで虚しい感情がない状態にも「無気力」が使用できる点だと言えるでしょう。

虚無感の対義語

では、虚無感にはどのような対義語が存在するのでしょうか。

以下で挙げる対義語にはそれぞれニュアンスに細かな違いがあるので合わせてご紹介します。

充実感

充実感とは、必要なものが十分に備わっている、力が豊かに備わっているというような心情を意味する言葉です。

また、仕事や行動していることに対してやり甲斐を感じているという意味合いでも使用することができます。

充足感

充足感とは、不足がなく満ち足りること、十分に満たしている心情であることを意味する言葉です。

「十分に満たす」とは、「足りていないものを補い満たす」という意味合いを持つ表現のため、何かを補うアクションを取ったという点が、充実感との違いであると言えます。

満足感

満足感とは、思い通りに事が運んで満ち足りた感じ、 十分であることを意味する言葉です。

不足がなく満ち足りたことに「納得」している心情であることを表現しています。

虚無感の具体的な使い方

ここからは虚無感の具体的な使い方を例文を用いてご紹介していきます。

例1.「虚無感にとらわれてしまうことは誰にでも起こり得る。」

「とらわれる(囚われる)」とは、自由に考えることができなくなる際に使う表現です。

虚無感に心を支配されてしまったことで、自由に発想することができないという状況は誰にでも起こるかもしれないことを表現している例文となります。

例2.「突然の恋人との別れで虚無感に苛まれている。」

この「苛まれる」という表現は、心や体が苦しめられる」という意味です。

突然の恋人との別れにより、どうしようもない喪失感によって心を痛めているという様子が伺える例となります。

虚無感を抱いた場合の対処方法

最後に、虚無感を抱いてしまった際のおすすめの対処方法をご紹介します。

以下を参考にしていただき、虚無感から抜け出す糸口が見つかったら幸いです。

休息を取る

まずは休息を取ることを何よりも優先してください。

虚無感を抱いている時は早く解決しなくてはと焦ってしまう思考になりがちですが、無理に行動することは心も体も疲弊してしまいます。

しっかり睡眠を取ることで、自律神経の働きが整うことに繋がり、判断能力や思考力も回復していくでしょう。

体を動かしてみる

次に運動を取り入れることをおすすめします。

思い切り体を動かすことで交感神経が活発化し、物事を前向きにポジティブに考えられるようになりますし、睡眠の質の向上にも繋がります。

運動が得意でない方はウォーキングから始めてみるのも良い気分転換になるはずです。

移りゆく景色を眺めながら、自分のペースで歩いてみましょう。

趣味の時間を楽しむ

趣味の時間を楽しむことも虚無感解消に効果的です。

自分の好きなこと、やりたいことだけに没頭していると自然とポジティブな思考になり、気付いた頃には虚無感を抱えていたことさえも忘れてしまうかもしれません。

趣味がないという方は、気になっていたレストランに入ってみたり、レイトショーで映画を観るなど、普段とは異なる行動を試してみると新たな趣味や発見が見つかるかもしれません。

自分を慈しみ贅沢な時間を過ごすということは何より心の栄養となるでしょう。