1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. 司る(つかさどる)とは?意味・読み方・使い方

司る(つかさどる)とは?意味・読み方・使い方

最終更新日: 2022年3月23日 (公開日: 2022年3月9日)

司るという言葉、誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ここではそんな司るの読み方や意味、使い方を紹介していきます。

司るの読み方

司るは「つかさどる」と読みます。

訓読みで「つかさ」とも読みますが、「る」がつくことで「つかさどる」となります。

また読み方は同じ「つかさどる」でも、違った意味を持つ「掌る」「宰る」など他にも多くの漢字があります。

司るの意味とは?

司るの意味は、辞書によると「職務・任務として担当する。役目としてそのことに当たる。」「支配する。統率する。管理下に置く。」となります。

簡単に言えば、「管理する」または「担当する」という意味で使われることが多いでしょう。

また司るの類語には、受け持つ、引き受ける、請け負うなどがあります。

司るの使い方

では、司るとはどのような使い方ができるのか解説していきます。

任務を司る

任務を司るとは、「自分に与えられた任務を担当する」という意味で使われます。

「任務を担当する」という表現では表しきれないような、「与えられた任務を全うし、使命を果たす」という意味も込められているでしょう。

政治を司る立場

政治を司る立場とは、「政治を支配する立場、管理する立場」という意味です。

つまり「政治を行う立場の人、政治上の責任者」ということが言えます。

感情を司る

感情を司るとは、「感情を管理する」という意味になります。

つまり「感情をコントロールする」と言い換えることができます。