玄人(くろうと)とは?意味・読み方・使い方

玄人の読み方はわかりましたか?

日常的に使われることも多い言葉ですが、知らない人には難しい漢字かもしれません。

ここではそんな玄人の読み方や意味、使い方を紹介していきます。

玄人の読み方

玄人は「くろうと」と読みます。

漢字をそのまま読むと「げんじん」と読んでしまいますよね。

また、たまに「くろうど」と読んでしまう人もいるようなので、間違えないように気を付けましょう。

玄人の意味

玄人は「その道に熟達した人。専門家。」という意味を持つ言葉とされています。

分かりやすく言えば、「その道のプロ」「エキスパート」ということです。

「水商売の女性」という意味もありますが、日常的にはあまり使われません。

ビジネスシーンや日常的には、その道の専門家、職人、プロ、エキスパートの意味として使われることが多いでしょう。

対義語は「素人」

玄人の対義語は「素人」です。

素人は「しろうと」と読みます。

この言葉ならみなさんも聞きなれているのではないでしょうか。

素人とは「その道でまだ経験が浅く、未熟な人」のことを言います。

日常的には、ド素人、素人芸、素人離れという言葉で使われることが多いでしょう。

玄人の使い方

では、玄人の使い方を例文とともに解説します。

ここは玄人向けの商品を扱っているお店だ

この例文の意味は、「ここは職人向けの商品を取り扱っているお店だ」ということになります。

例えば、包丁を取り扱っているお店があるとします。

そこに置いてある商品は素人や初心者向けではなく、料理の職人向けに取り揃えた品ばかりだという時に使うことができます。

彼のテニスの腕前は玄人はだしだ

“玄人はだし”とは、「素人にも関わらず、プロや専門家が驚くほど実力がある」という意味があります。

つまり、「プロより優れた素人のこと」を言います。

このことから、彼のテニスの腕前は玄人はだしだという例文は、「彼のテニスの腕前はプロも驚くほどの実力がある」となります。

この場合、使う対象になるのは玄人ではなく、実際は素人ということになりますね。

また玄人はだしの類義語には、プロ顔負け、素人離れ、腕達者などが挙げられます。

関連記事

煎茶(せんちゃ)とは?意味・読み方・漢字の由来
嫌悪(けんお)とは?意味・読み方・使い方
厳か(おごそか)とは?意味・読み方・類語・使い方や例文を紹介
虚しい(むなしい)とは?意味や読み方、使い方・類語・解消法を解説
司る(つかさどる)とは?意味・読み方・使い方
疎か(おろそか)とは?意味・読み方・使い方
職人気質(しょくにんかたぎ)とは?意味・読み方・使い方
曲者(くせもの)とは?意味・読み方・類語・例文などの使い方・特徴
ぴえんとは?意味・読み方・絵文字・類語・例文などの使い方・英語表現
「マンスプレイニング」とは?意味・由来・類語・実例・問題視される理由など
「めっちゃ」とは?意味・類語・例文・英語での表現・「めっちゃ」を意味する方言など
「じみに」とは?意味・読み方・類語・使い方・英語表現など
「ごりごり」とは?意味・類語・例文・英語での表現など
「チルする」とは?意味・類語・例文・使い方
「コテハン」とは?意味・派生語・例文・LINEでのコテハンの設定方法など
「超チルなラッパー」とは?意味・由来・元ネタを紹介
まるっととは?意味・読み方・類語・使い方・英語表現・「まるっと」がセリフに使われている映画・ドラマなど
そっこうとは?意味・読み方・類語・使い方・英語表現など