1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. 英語の相槌一覧。ビジネス向けやスラングまで紹介

英語の相槌一覧。ビジネス向けやスラングまで紹介

最終更新日: 2023年2月16日 (公開日: 2023年2月16日)
目次

「相槌」は英語で何と言う?

「相槌」は英語で "back-channeling" と言います。

"back-channel" とすると「裏ルート」などの意味になるので注意しましょう。

ビジネスシーンで使える英語の相槌

Yes.

「そうですね」「その通りですね」という意味で使うことができます。ただし、"Yes." ばかり口にするとあまり印象が良くないので他の相槌も織り交ぜながら用いるようにしましょう。

I agree.

「本当ですね」「賛成・同意します」などの意味合いで使います。"I completely agree.""I agree with you." などのフレーズも併せて覚えておきましょう。

Exactly.

「まさにその通りです」という意味で使うことができます。"Absolutely.""Definitely."など似た相槌もネイティブの間では頻出します。

You are right.

「その通りです」という意味で使える相槌です。"You're right.""Right." という言い方でも問題ありませんが、文面であれば略さずに "You are right." とするほうが丁寧です。

Indeed.

「確かにそうですね」という意味で使えます。ただし、少し古風な表現です。

That would be great.

「それはいいですね」という意味で使うことができる相槌です。"Great." など一言で言う場合が多いですが、このような表現に変えるだけでより丁寧な印象を与えることができます。

Certainly.

「かしこまりました」のように承諾の意味合いで使われる相槌表現です。目上の方にも使うことができます。

So do I.

「私もです」と相手の言葉に対して同意する際に使うことができる相槌の表現です。似た表現に "So am I." があります。

Let me think about it.

「少し検討させていただきます」という意味で使える相槌です。

That's a shame.

「お気の毒に」「それは残念でしたね」という意味で使うことができる相槌です。"That's too bad." のほうが馴染みがあるかもしれませんが、皮肉として捉えられることが多いのでフォーマルな表現の "That's a shame." を用いる方が良いでしょう。

スラングの英語の相槌

Yep./Yeah./Uh-huh

「うん」「そうなんだ」などの意味合いで使える相槌です。日常会話の中でよく耳にするフレーズと言えます。

Nope.

「無理」「いや」などの意味の相槌です。

Okay.

「それで?」「そうなんだ」などの意味で使える相槌です。

No way.

「信じられない」「マジで?」といった意味合いで使える相槌です。

For real?

こちらも「マジで?」という意味で使えるフレーズです。

Maybe so.

「多分そうかも」というニュアンスで使えるフレーズです。

Totally.

「そうだよね」と同意を表す相槌表現です。

Seriously?

「本当に?」という意味合いで使える相槌です。

Are you kidding?

「冗談でしょう」「嘘!?」といったニュアンスで使えるフレーズです。

Lucky you!

「よかったね!」「いいな」といったニュアンスのフレーズです。

チャットで使える英語の相槌

ikr

"I know, right?" を省略したフレーズで「そうだよね」といった意味の相槌です。

lol

"laughing out loud" を省略した言葉で大笑いを意味します。日本語の「(笑)」や「草」にあたる言葉と言って良いでしょう。

omg

"Oh, my gosh" を省略した言葉で「なんてことだ」といった意味のフレーズです。

OIC

"Oh,I see." を省略した言葉で「そうなんだ」という意味で使える相槌です。

lmk

"Let me know." を省略した言葉で「教えて」という意味のフレーズです。

wdym

"What do you mean?" を省略した言葉で「それってどういう意味?」というフレーズです。

Got it.

「分かった」という意味の相槌です。

Way to go!

「でかした」「よくやった」という意味のフレーズです。

相槌に困った時に使える"That's~."

相槌を打ちたいのに丁度いい表現が出てこない時、ぜひ使いたいのが ""That's~." という表現です。

"That's" の後ろにたとえば以下のような言葉をあてはめるだけで、様々な相槌を打つことができます。

  • That's true.(確かにそうですね)

  • That's right.(その通りです)

  • That's great!(いいね!)

  • That's why.(なるほど、だからか)

  • That's weird.(それは妙だね)

他にも "awesome"、"nice"、"wonderful" などを当てはめても良いでしょう。

また、形は若干変わりますが "That figures.(やっぱり、思った通り)" などの表現も相槌の一つとして使えます。

相槌に困った時はまずこの形に適切な言葉を当てはめてみましょう。

日本人とネイティブとで異なる相槌の認識

日本では相手との会話の中で頻繁に相槌を打つことでちゃんと話を聞いていることを伝えますが、実はこれは海外では失礼にあたります。

海外では相槌を打ちすぎると話を遮っている・話をあまり良く聞いていないという印象を与えてしまうため、海外の人と話す時にいつもと同じ頻度で相槌を打つのは注意が必要。

相手の話を遮らないよう注意しながら、適切なタイミングで相槌を打つように心がけましょう。

関連テーマ

関連記事