1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. 「無理しないでね」を英語にすると?表現フレーズと6個の例文

「無理しないでね」を英語にすると?表現フレーズと6個の例文

最終更新日: 2022年9月28日 (公開日: 2022年8月31日)

「無理しないでね」の英語表現

英語には様々な表現がありますが、今回は「無理しないでね」にあたる英語表現をご紹介していきます。

1.Take it easy.

"Take it easy." は「気楽にいこう」という意味ですが、「無理しないでね」「もっと肩の力を抜いて」という意味で用いられることも多い表現です。

体調が芳しくない相手に対してはもちろん、頑張りすぎている相手に対しても使うことができるので、使いやすい一言だと言って良いでしょう。

2.Take a rest.

"Take a rest." も「無理しないでね」というニュアンスで使うことのできるフレーズです。

そのまま直訳すると「ひと休みしてね」「体を休めて」という意味ですが、これらが転じて「無理しないで」という意味合いでも使われるようになったと考えられます。

根を詰めて何か作業をしている人などに対してこのように声をかけると喜んでもらえるかもしれません。

3.Don’t overdo it.

"Don’t overdo it." は直訳すると「やり過ぎないでね」という意味のフレーズです。

例えば仕事や勉強に没頭するあまり少々無理をしてしまっている人や、ついつい頑張りすぎてしまう人に対して「無理しないでね」というニュアンスで使うことができます。

4.Don’t work too hard.

"Don't work too hard." は直訳すると「そんなに一生懸命働き過ぎないで」という意味ですが、そこから意味が広がって「頑張り過ぎないで」「無理をしないで」というニュアンスが含まれるようになりました。

5.Don't push yourself too hard.

"Don't push yourself too hard." は直訳すると「自分を追い込み過ぎないで」という意味です。

自分で自分を追い詰めるように頑張っている人に対して「心配している」というニュアンスを込めて「無理しないでね」と伝えることができるでしょう。

6.Don’t be too hard on yourself.

"Don’t be too hard on yourself." は直訳すると「自分にあまり厳しくしないで」という意味です。

ストイックに物事を頑張ってしまう人は、とことん自分に厳しくしてしまう傾向にあります。

そのような人に対してこのフレーズを使うと、「無理しないでね」という気持ちが伝わることでしょう。

「無理しないでね」を使ったそれぞれの英語の例文

ここからは、実際の例文を見ながらその使い方を確認していきます。

例文1.『Let me know if there is anything I can do. Take it easy.』

「私にできることがあれば何でも言って。無理はしないでね」という意味の例文です。

対面ではもちろん、メッセージや手紙での一言にするのもおすすめです。

例文2.『I think you work so hard. Take a rest.』『You have a point. I take a little break.』

「少し働き過ぎなんじゃない?無理しないでね」「確かにそうだね。少し休憩するよ」という意味の会話文です。

"You have a point." は「一理ある」「もっともだ」という意味のフレーズで、日常会話の中でも使いやすいのでぜひ活用しましょう。

例文3.『Immersing yourself in work is not a bad thing. But don't overdo it.』

「仕事に没頭するのは悪いことじゃないけど無理はしないでね」という意味の例文です。

"immerse" は「浸す」「熱中させる」という意味の単語で、"immerse oneself in" の形で使うことによって「~に没頭する」「~に熱中する」の意味で用いることができます。

例文4.『I have been working overtime everyday.』『Don’t work too hard.』

「毎日残業続きだ」「あんまり無理するなよ」という意味の会話文です。

"have been ~ing" は現在完了進行形と呼ばれ、今現在まさに行われていて未だ完了していないものに対して使われます。

例文5.『You can rely on me anytime. Don't push yourself too hard.』

「いつでも私のことを頼っていいんだよ。あんまり無理しないでね」という意味の例文です。

"rely on" は「頼る」という意味で、人や物など様々なものに対して使うことができます。

例文6.『I know that you are always do your best. Don’t be too hard on yourself.』

この例文は「あなたがいつも頑張っていることは私も知っているよ。無理しないでね」という意味です。

自分で自分を追い込んでしまい精神的に辛くなってしまいがちな人には、このように声をかけてあげると良いかもしれません。

関連記事