1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. ケムトレイルの意味とは?

ケムトレイルの意味とは?

最終更新日: 2022年4月25日 (公開日: 2022年4月25日)

ケムトレイルの意味

ケムトレイルとは、長時間空に残っている飛行機雲が航空機から撒かれた有害化学物質であるとするデマのことです。

呼吸器疾患をはじめとして健康面に様々な悪影響を及ぼすと考えられています。

ケムトレイルの語源・由来

ケムトレイルは、「化学製品」を意味する"chemical"と「跡」を意味する"trail"から形成された言葉です。

飛行機雲は英語で"contrail"と言いますが、これをややもじってケムトレイルという言葉が生まれたと考えられます。

ケムトレイルと飛行機雲の違い

ケムトレイルと飛行機雲は、一見同じに見えますがその内容は全く違うものです。

飛行機雲は飛行機から排出された水蒸気が冷やされたり急旋回した時に渦ができることによって作られた雲のことを言いますが、ケムトレイルは飛行機から撒かれた化学物質のことを言います。

ケムトレイルの問題点

ドイツやアメリカのメディアによると、ケムトレイルにはバリウムやアルミニウムをはじめとした様々な化学物質が多量に含まれており、散布後の大気中にはこれらの成分が高濃度で検出されているとのことです。

特にバリウムは呼吸器や循環器に、アルミニウムには脳神経系にそれぞれ悪影響を及ぼすと考えられていて、人体にとって決して良いものとは言えません。

また、化学物質以外にもケムトレイルを散布した地域の住民を監視するための電磁波が含まれているとも言われています。

ケムトレイルは陰謀論とされている?

これまでにケムトレイルについての報告は各国で度々されていますが、研究者はこのケムトレイルを政府の陰謀だとの見解を示しています。

その陰謀論とは、以下の2つです。

  • ケムトレイルの散布で健康被害を起こし人口を削減する

  • ケムトレイルで人々の健康を害し、その調査を行って新薬を開発することで利益を得る

いずれにせよもしもケムトレイルが本当にあるのであれば、この地球上に生きる人間や生き物、自然など全てをコントロールしようとしていることは明確です。

近年では精神疾患や呼吸器疾患を患う人の数も年々増加してきているため、やはりケムトレイルは本当に散布されているのではないかと密かに囁かれています。

ケムトレイルの目撃情報は複数回寄せられている

ケムトレイルではないかと言われている飛行機雲のようなものも、実際に複数回目撃されています。

目撃者によると飛行機から排出された気体は水に垂らした油のようにどこか虹色に光っており、飛行機雲のようにすぐ消えることはなくいつまでも空に浮かんでいたとのことです。

今後も目撃されてから、精神的・身体的な健康の被害情報が出る可能性も考えられます。