1. クイズキャッスルTOP
    >
  2. 百科事典
    >
  3. ソウルメイトの意味とは?

ソウルメイトの意味とは?

最終更新日: 2022年5月23日 (公開日: 2022年5月23日)

ソウルメイトの意味

ソウルメイトとは、前世から深い繋がりを持っている相手のことを言います。

前世から何らかのつながりがあった2人が今世でも出会い、また縁を持つ。そのような相手のことをソウルメイトと呼ぶのです。

ソウルメイトはお互いを深く理解し合える傾向にあり、お互いをさらけ出して付き合うことができます。

ソウルメイトの語源

ソウルメイトは「魂」を意味する「ソウル(soul)」「仲間・伴侶」を意味する「メイト(mate)」とを組み合わせて作られた造語です。

ソウルメイトは1人に対して複数存在すると言われており、男女問わず存在し恋愛関係にはなりにくいとされています。

お互いの人生に影響を与え合いながら切磋琢磨していく魂の仲間と言ってもよい存在なのです。

ソウルメイトの特徴

次に、ソウルメイトの5つの特徴について見ていきましょう。

特徴1.初めて会った時に懐かしさを感じる

ソウルメイトは前世でも繋がりのあった人なので、今世では初めて会ったのになぜか「懐かしい」と感じることがあります。

前世の記憶がかすかに残っているのかもしれません。

特徴2.趣味や好みだけでなく、家族構成や顔の雰囲気などに共通点が多い

趣味や好み、考え方などはもちろん、ソウルメイトとは家族構成や顔の雰囲気などが似ていることが多いです。

また、誕生日や血液型が同じと言う場合もあります。仲良くなってたくさん話をすると共通点が多く見つかるので、「この人がソウルメイトかも」と感じることがあるようです。

特徴3.包み隠さず自然体で付き合える

ソウルメイトとは気を張らずに自然体で、リラックスして付き合うことができます。

たとえ会話がなくても一緒にいることができ、気まずくなったりしないほど一緒にいて心地よい相手なのです。

特徴4.様々な場所で何度も会う

ソウルメイトとは不思議な縁で繋がっています。

「なぜかこの人とはよく会うな」と感じる人は、もしかしたらソウルメイトかもしれません。

何度も出会ううちに何かの縁を実感したと言う人もいるようです。

特徴5.たとえ批判されても嫌な気分にならない

ソウルメイトには自分の欠点を指摘されたり注意されたりしても、素直に聞くことができます。

また、大喧嘩をしたとしても「このまま離れてしまう」という実感はなく、すぐに仲直りをすることができます。

ソウルメイトを引き寄せる方法

ソウルメイトは世界中のどこかに複数人存在します。その人と出会えるか出会えないかは人によって異なります。

ソウルメイトを引き寄せるためには、自分の意見をしっかりと持ち伝えられるようになることや人間関係を広げることが大切です。

複数存在するソウルメイトと出会うためには、さまざまな人と交流し人間関係を広げておくことも重要なのです。

自分らしく楽しく日々の生活を送ることで、魂で繋がった相手は自然と引き寄せられ、出会いやすくなっていきます。

ソウルメイトの類義語

ソウルメイトの類義語として、「ツインソウル」という言葉があります。ツインソウルとは、ソウルメイトの中でも特に繋がりが深い人物のことです。

ツインソウルは「双子の魂」という意味があり、前世もともと1つであった魂が今世で2つに分かれた相手だとされています。

ツインソウルはソウルメイトと違い、恋愛相手として恋に落ちることもあります。

ソウルメイトと恋人との違い

では、ソウルメイトと恋人とにはどのような違いがあるのでしょうか。

ソウルメイトは前世からの繋がりがある相手で、恋愛関係にならなくても「大切だ」と感じられる人物です。

一方恋人とは相思相愛で恋愛感情がある相手のことです。

ソウルメイトは「前世からの縁や今世での再会」など恋人よりもスピリチュアルなイメージが含まれています。そのような点でもソウルメイトと恋人には違いがあります。